コンテンツにスキップする

WTO、ワクチン特許の一時停止などで合意-15年以来の閣僚宣言採択

世界貿易機関(WTO)の閣僚会議は17日、漁業補助金の制限やワクチン特許の一時停止などを盛り込んだ宣言を採択し終了した。12日に始まった会議は難航。期間を延長し、2015年以来の閣僚宣言採択にこぎ着けた。

  ジュネーブで開かれていた会議は17日早朝、ワクチン特許の一時放棄を含む包括的合意を承認。オコンジョイウェアラWTO事務局長は新型コロナウイルスワクチンへのアクセス不平等は「道徳的に受け入れられない」とし、特許停止が必要だと主張していた。

  急速に減少しつつある漁業資源を守るため15年に合意された国連協定を実施するため、漁業向けの政府補助金を規制することも決まった。

原題:Nations Pull WTO Back From the Brink With Vaccine, Fishery DealsWTO Approves Vaccine-Patent Waiver to Help Combat Covid Pandemic (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE