コンテンツにスキップする

米大統領、世界的インフラ投資のイニシアチブ表明へ-中国に対抗

  • 26-28日にドイツで開催するG7首脳会議で発表-大統領補佐官
  • 米国とG7の間で数千億ドル規模の取り組みになる見通し

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は中国のインド太平洋地域を中心とした国際的野心に対抗するため、世界的なインフラ投資イニシアチブを打ち出す方針だ。サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が16日に明らかにした。

  イニシアチブは今月26-28日にドイツで開催される主要7カ国(G7)首脳会議で発表する予定。

  米国主導のパートナーシップの形態となるこのイニシアチブは、世界的インフラや身体的健康、デジタルインフラを対象とし、「中国が提供するものの代替」となる。最終的には米国とG7諸国の間で数千億ドル規模になる見通し。サリバン氏はシンクタンクの新アメリカ安全保障センター主催のイベントで明らかにした。

  サリバン氏は「バイデン大統領の残りの任期における政権の外交政策の目玉の1つにする意向だ」と説明。民間セクターの資金拠出と米政府からの「比較的控えめな直接予算配分」に依存する取り組みになると語った。

原題:

Biden to Launch G-7 Global Infrastructure Push to Counter China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE