コンテンツにスキップする

そろり始動した訪日観光客、慎重な受け入れ姿勢に透ける日本の事情

  • 外国人の国内旅行、添乗員付きツアー限定では魅力乏しいと不満も
  • 事実上の参院選突入、高支持率で投開票迎えたい政権与党の本音も
A tourist uses a smartphone to take a photo of the Kinkakuji temple.

A tourist uses a smartphone to take a photo of the Kinkakuji temple.

Photographer: Kosuke Okahara/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

世界で最も人気のある観光地の一つ、日本での外国人客の受け入れが2年超ぶりに始まった。だが、一日の入国者数を政府が2万人に引き上げた6月10日、羽田空港に熱狂的な観光客の姿は見られなかった。

  新型コロナウイルスの感染状況の落ち着きを受け、日本政府は5月にやや慎重ながら外国人観光客の受け入れ計画を公表した。マスクの着用や体温チェック、移動制限などさまざまな規則が課され、外国人からすると魅力が乏しいようだ。

Tourism in Japan During Golden Week Holiday
外国人客にも人気がある京都の平安神宮(2022年5月)
Photographer: Kosuke Okahara/Bloomberg

  英国やオーストラリア、ニュージーランドからの観光客のツアー企画を手掛けるウェンディー・ウー・ツアーズ広報担当者、アンディー・イースタム氏は「受け入れ再開となった10日の直前まで、どんな変更があるか分からなかった」と明かす。受け入れ再開を確信するまで、具体的な対応は何もできなかったという。実際、日本政府が外国人観光客受け入れのガイドラインを旅行業者に示したのは3日前の7日だった。

  コロナ禍前、インバウンドに沸く日本には大量の外国人が押し寄せ、2019年の訪日外客数は過去最高を記録した。だが、厳しい水際対策が取られると状況は一変し、観光庁のデータによると、2021年に外国人観光客が日本で消費した金額はわずか1208億円と19年(4兆8135億円)の40分の1に落ち込んだ。

  5月下旬、日本政府は外国人の受け入れ再開に先立ち、訪日観光実証事業を行った。日本人の添乗員が付き添い、現地のガイドが観光客らの動きを監視しながら、時折マスク着用を呼び掛けた。その結果を踏まえ作られた観光庁のガイドラインには、感染率が低いとされる98カ国・地域からの訪日観光客を受け入れ、ツアー企画会社が取るべき行動指針などが記された。

  斉藤鉄夫国土交通相は10日の記者会見で、「訪日観光の再開に当たっては、受け入れ地域の人々の理解や安心感の醸成が必要」とした上で、「感染拡大の防止と社会経済活動のバランスを取りながら、観光事業の回復にしっかり取り組んでいく」と語った。

訪日外国人客数の推移
 
 

  一方、参議院選挙の実施が7月10日で決まり、事実上の選挙戦に突入したことで、岸田文雄首相は外国人観光客への門戸を広げるかどうかにはやや慎重な様子だ。NHKが12日にかけて行った世論調査によると、内閣支持率は5月から4ポイント上がり59%だった。一方、入国者数の制限緩和への評価は「妥当だ」が47%、「もっと緩和すべき」が23%、「緩和すべきでなかった」が20%だった。

  観光庁や日本政府観光局によると、訪日に関する海外からの問い合わせは多く、観光需要が膨らんでいるのは確かだ。世界経済フォーラム(WEF)が5月24日に発表した21年版の旅行・観光開発力に関する調査では、日本が1位となった。為替の円安進行もあり、旅行先として日本への注目は一層高まっている。

  旅行業界の専門家によると、外国人観光客が京都で抹茶体験して富士山に登り、世界遺産の宮島で観光を楽しめるようになるまでは、もう少し時間がかかりそうだ。世界最大級のオンライン旅行会社であるトリップドットコムの日本地区ゼネラルマネジャー、勝瀬博則氏はブルームバーグのインタビューで、全面的な受け入れ再開には年内いっぱいかかるとの見通しを示した。

  ウェンディー・ウー・ツアーズでは、「日本の宝石」と銘打って7月25日から外国人向けの国内ツアーを再開する。イースタム氏は「われわれにとってエキサイティングな時が始まる。ここ数年、訪日観光客の受け入れ再開を待ち焦がれた」と話し、「簡単に想像できることだが、われわれが抱えるツアー需要は最大で3年分にもなる」と指摘した。

原文:Japan’s Border Reopened for Tourists, But Visitors Aren’t Coming(抜粋)

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE