コンテンツにスキップする

トランプ氏、不正疑惑巡り証言へ-NY州最高裁も異議申し立て棄却

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

トランプ前米大統領一族の不動産ビジネスの不正疑惑を巡る米ニューヨーク州の調査に絡み、同州最高裁判所は14日、トランプ氏と2人の子供に宣誓証言を命じた下級審の判断を支持し、3人の異議申し立てを棄却した。

Former President Donald Trump Holds 'Save America' Rally
ペンシルベニア州グリーンズバーグで演説するトランプ前米大統領(5月6日)
Photographer: Justin Merriman/Bloomberg

  トランプ氏と長男のジュニア氏、長女イバンカ氏の証言は7月15日から始まる予定。ニューヨーク州地裁と高裁は既に、同州のジェームズ司法長官が進めている調査は政治的動機に基づくものだとのトランプ氏らの主張を退けていた。同長官はトランプ氏一族の中核企業、トランプ・オーガニゼーションがローン借り入れや課税減免を図り資産価格を操作した疑惑を調べている。

  トランプ氏一族の代理人、アリーナ・ハッバ氏にコメントを求めたがこれまでに返答はない。3人は先週、同州最高裁が介入しないことを条件に、宣誓証言に同意していた。

原題:

Trump Bid to Avoid July Depositions Rebuffed by N.Y.’s Top Court(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE