コンテンツにスキップする

パウエル議長、ソフトランディングは容易でないが「道筋」はある

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は15日、連邦公開市場委員会(FOMC)会合後の記者会見で米経済の先行きについて、ソフトランディング(軟着陸)は「容易でないだろう」としながらも、そこに至る「道筋」はあると述べた。

  議長はその上で、「それが可能かどうかを決める上で重要な役割を果たす」ものの「われわれがコントロールできない多くの要素」が存在すると説明した。

関連記事
Fed Chair Powell Holds News Conference Following FOMC Rate Decision
記者会見したパウエルFRB議長(6月15日)
Photographer: Al Drago/Bloomberg

原題:

Powell Says Hitting Soft Landing ‘Not Going to Be Easy’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE