コンテンツにスキップする

クレディS元幹部、無許可のメッセージアプリ使用で解任-関係者

クレディ・スイス・グループで株式資本市場(ECM)シンジケート業務の世界責任者を務めたアンソニー・コントレオン氏は、許可されていないメッセージサービスを顧客との連絡で使用していたことが判明した後に解任されていた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  リンクトインのプロフィルによれば、マネジングディレクターだったコントレオン氏は、4月に退社が明らかになるまで同行に28年近く在籍。2012年にECMシンジケートの米州担当責任者に昇進し、15年に世界責任者に就いていた。

  コントレオン氏にコメントを要請したが、返答は得られていない。同氏の退社理由については英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に伝えていた。

参考記事
メッセージアプリ使用には会社を吹き飛ばす「爆弾」-連邦地検検事正
ウォール街のトレーダー、携帯100台余り調査か-ワッツアップにもメス

原題:

Credit Suisse Banker Exits Over Unauthorized Message App Use(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE