コンテンツにスキップする

米ガソリン平均小売価格、初のガロン5ドル超-インフレの新たな印

カリフォルニア州のガソリン価格(6月9日)

カリフォルニア州のガソリン価格(6月9日)

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米国でガソリンの平均小売価格が初めて1ガロン=5ドルを突破した。米消費者およびインフレ抑制に向けたバイデン大統領の取り組みにとって新たな痛手だ。

  夏季のドライブシーズンが始まってわずか1週間余りで、ガソリン需要は今年の最高水準に急増。全米自動車協会(AAA)によれば、ガソリン平均小売価格は4月半ばからの上昇傾向が続き、11日の早い時間に1ガロン=5.004ドルに達した。価格が最も高いカリフォルニア州では6.43ドルを付けている。

  米国の記録的なガソリン価格は同国のインフレが40年ぶり高水準で推移している主な要因となっている。10日に発表された5月の米消費者物価指数(CPI)が予想外に加速したことを受けて、バイデン大統領はエクソンモービルなど石油会社がガソリン価格の高騰に付け込んでいると批判した。

「エクソンは神より多く稼いだ」-バイデン氏がガソリン高騰で批判

米CPI、前年比8.6%上昇に加速-FRBとバイデン政権に圧力 (3)

Hotter Than Expected

US headline and core inflation both rose more than forecast in May

Source: Bureau of Labor Statistics, Bloomberg survey

原題:

US Gasoline Tops $5 a Gallon on Average in New Inflation Marker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE