コンテンツにスキップする

米国防長官、中国の「威圧的行動」に抵抗するアジア諸国への支援表明

  • オースティン長官、シャングリラ会合で演説
  • 太平洋地域でウクライナ危機繰り返す事態の防止に必要

オースティン米国防長官は11日、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で演説し、中国の「威圧的行動」に抵抗するアジア諸国を支援する考えを表明。太平洋地域でウクライナ危機が繰り返される事態を防止するために必要な取り組みだと述べた。

  オースティン長官は、ロシアによるウクライナ侵攻に米国の関心やリソースが消費されているものの、アジア地域は「米国の大戦略の中心だ」と発言。ロシアの行動と、中国の領土主張における「より威圧的で攻撃的なアプローチ」の類似点に何度も言及した。

  各国の国防・安全保障当局者でいっぱいの会場でオースティン長官は、ロシアのウクライナ侵攻について、「われわれ全員を守るルールを抑圧者が踏みにじるときに起こる行為だ」と非難。「大国が平和的な隣国の権利よりも自国の帝国主義的欲求の方が重要だと判断したときに起こることだ。それはわれわれが誰も住みたいとは思わない混沌(こんとん)と混乱の世界の前触れだ」と付け加えた。

  中国の軍高官はオースティン長官の演説について記者団に対し、「根拠のない非難だ」とし、米国の戦略は地域対立のリスクを高め、分断を広げるものだと批判した。

原題:

Austin Urges United Front in Asia to Stop Repeat of Ukraine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE