コンテンツにスキップする

中国は新疆ウイグル自治区巡る米外交官の発言をねつ造-米大使館

  • 米外交官が人権侵害疑惑を軽視したと中国紙関連のアカウントが投稿
  • 米外交官を危険にさらす行為だと米大使館は中国側に抗議

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国南部の広州市にある米領事館職員が新疆ウイグル自治区の人権侵害疑惑を軽視したと主張するソーシャルメディアへの投稿を巡り、米国側はこうした行為が米外交官を危険にさらしていると抗議した。

  共産党機関紙、人民日報の系列紙である環球時報に関連したソーシャルメディアのアカウントは5日、米領事館職員2人が2021年に開かれたレセプションで、米政府は「新疆に関しては何も問題ない」と理解していると述べたと投稿。強制労働やジェノサイド(民族大量虐殺)、人権についての「誇大宣伝」が「新疆を世界の産業チェーンから分離するための効果的な手段」であり「中国政府を窮地に追い込むために利用できる」と2人が発言したと名前を示して引用した。

  在北京の米国大使館の報道官は7日、虚偽の発言を米当局者のものだとしたり、米外交官への迷惑行為になりかねない行動を取ったりすることを中国はやめるべきだと指摘。「こうした行動は名指しされた米当局者を危険にさらす恐れがある」とし、中国は米外交官に敬意を持って接する義務があると付け加えた。

  米国と中国は人権問題を巡って激しく論争しており、米政府側は中国が新疆でジェノサイドを行っていると主張。中国はこれを「世紀のうそ」と反論している。

  投稿によると、米当局者2人の発言は、レセプションに出席した「国際的に有名なスポーツブランドのサプライヤー」とされる人物が聞いたものだという。

  中国外務省の趙立堅報道官は7日、北京で開いた定例会見で投稿について「中国政府のねつ造ではない」とコメント。華春瑩外務次官補は投稿について複数回ツイートし、「しらじらしいうそをついてきた米当局者から発せられた異例の真実だ。説明を待っている」と述べた。

 

原題:

US Says China Fabricated Quotes From Diplomats on Xinjiang (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE