コンテンツにスキップする

テンセント出資の物流管理G7、アリババ部門投資のE6と合併へ

更新日時
  • G7とE6、それぞれのブランドと独立した業務を維持する
  • 社名はG7に、IPO前の合併は業界変革への確信-張CFO
テンセント・ホールディングス

テンセント・ホールディングス

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する物流管理スタートアップのG7コネクトは、アリババグループ傘下部門が投資する同業E6との合併で合意した。テンセント、アリババという2大中国プラットフォーム企業を株主に持つ統合会社となる。

  ブルームバーグが確認した発表文によると、G7とE6はそれぞれのブランドと独立した業務を維持しつつ、重複分野では相乗効果を図る。

  G7は香港で年内にも新規株式公開(IPO)を実施することを検討していると、ブルームバーグ・ニュースは4月に報じた。IPO前のE6との合併について、G7の張傑龍最高財務責任者(CFO)はインタビューで、「われわれが業界を本当に変革できると確信するためだ」と述べた。IPOに関しては「市場環境が改善されればいつでも着手する用意がある」とした。 

  張CFOによれば、統合後会社はG7の社名を引き継ぐ。大株主のGLPとテンセント、アリババ傘下菜鳥の保有比率はそれぞれ7-10%となり、テンセントと菜鳥の持ち分格差は0.5ポイント以内という。

参考記事

原題:

Tencent-Backed Freight Startup G7 Merges With Alibaba-Backed E6(抜粋)

(G7のCFOの発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE