コンテンツにスキップする

バイデン米政権、ソーラーセクター支援で大統領令-国内生産拡大促す

  • バイデン氏、ソーラー機器輸入への新たな関税を2年間停止
  • 国産パネルを支援するため「国防生産法」を発動
Solar panels at the site of solar farm under construction on top of an old strip mine in Portage, Pennsylvania, U.S., on Monday, April 25, 2022. 

Solar panels at the site of solar farm under construction on top of an old strip mine in Portage, Pennsylvania, U.S., on Monday, April 25, 2022. 

Photographer: Justin Merriman/Bloomberg

バイデン米大統領は6日、米国のソーラーセクターを支援する大統領令を発令した。貿易紛争で停滞しているクリーンエネルギープロジェクトを復活させ、国内生産を拡大することを狙い、気候変動に関する取り組みにおける国外サプライヤーへの依存低下を図る。

  バイデン氏は東南アジア4カ国からのソーラー機器を対象に新たな輸入関税を2年間停止し、全米で再生可能エネルギープロジェクト建設を凍結させていた遡及(そきゅう)的な関税適用の脅威を取り除く。同時に、ソーラーパネルなど国内のクリーンエネルギー関連生産業者を支援するため「国防生産法」を発動する。

  今回の動きは気候変動との闘いと、安い輸入品との競争で苦戦してきた国内ソーラー関連製造業の育成という、しばしば相反する政治的優先事項を後押しすることを目指している。バイデン氏の行動は同時に両方に取り組む可能性を意味する。

原題:

Biden Boosts Solar Manufacturing in Bid to Break Project Stall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE