コンテンツにスキップする

LMEをエリオット提訴、約600億円損害賠償請求-ニッケル取引巡り

  • 訴訟は6月1日に英高等法院で提起された-香港取引所
  • LMEは今回の主張に根拠はないとして激しく争う方針

ロンドン金属取引所 (LME)が3月のショートスクイーズ(踏み上げ)でニッケル価格が高騰した後に取引の停止・取り消しを決定したことを巡り、ヘッジファンド運営会社エリオット・アソシエーツとエリオット・インターナショナルが4億5600万ドル(約600億円)の損害賠償を求めてLMEを提訴した。

  LMEの親会社、香港取引所の発表資料によると、今回の訴訟は6月1日に英高等法院で提起された。

  「LMEの経営陣は今回の主張に根拠がないと考えており、LMEは激しく争う方針だ」と香港取引所は指摘した。

関連記事

原題:

London Metal Exchange Sued for $456 Million by Elliott(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE