コンテンツにスキップする

週明けアジア株、慎重なスタートか-堅調な米雇用統計受け

週明け6日のアジア株は下押し圧力がかかりそうだ。3日発表された5月の米雇用統計が力強い内容となったことで、米金融当局がインフレに積極的に対応する姿勢を維持する可能性がなお残された。

  日本とオーストラリアの株価指数先物は下落。先週のS&P500種株価指数は過去9週間で8週目の下落だった。米市場に上場する中国株も先週末に下落し、香港株の重しになる可能性がある。

  ドルはアジア時間早朝の取引で、主要通貨に対し狭い範囲での値動き。ジョンソン英首相の不信任投票を巡るリスクを背景にポンドは当初の上げ幅を縮小している。

ジョンソン英首相への不信任、与党内で拡大-今週にも投票の公算 

原題:

Stocks to Open Cautiously Monday After US Jobs: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE