コンテンツにスキップする

レモンド米商務長官、一部の関税撤廃は「理にかなうかもしれない」

  • 大統領は先入観持たず検討へ、インフレ対策として-レモンド氏
  • 鉄鋼とアルミの関税維持は決定済み-CNNとのインタビューで発言
Gina Raimondo, US commerce secretary.

Gina Raimondo, US commerce secretary.

Photographer: Hollie Adams/Bloomberg

レモンド米商務長官はほぼ40年ぶりの高いインフレを抑える方法として、一部の財に対する関税を撤廃することは「理にかなうかもしれない」と述べた。

  レモンド長官は5日、CNNとのインタビューで「鉄鋼とアルミニウムについては、関税を維持することを決定済みだ。米国の労働者と鉄鋼産業を守る必要があるからだ」と発言。一方で、巨額に及ぶ中国からの輸入品に課している関税を撤廃する考えが政府にあるかと問われ、「家庭用品や自転車など、理にかなうと考えられる商品もある」と答えた。

  長官は「バイデン大統領はこれを検討している」とし、「大統領は米国の家庭を助けると考えられる名案には、先入観を抱かず実行を検討する」と続けた。

  米国はトランプ前大統領の下、中国からの輸入品約3000億ドル(約39兆2640億円)に対する関税を導入。この恩恵にあずかった企業もある一方で、製造業など輸入資材に依存する企業は打撃を受けた。バイデン政権はこの関税をどうするか検討している。

米国の対中関税見直し、数カ月要する可能性-USTR高官

原題:Lifting Tariffs on Goods May Make Sense, US Commerce Chief Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE