コンテンツにスキップする

ブリストル、バイオ医薬品メーカーを41億ドルで買収へ-肺がん薬開発

米製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブは、バイオ医薬品メーカーのターニング・ポイント・セラピューティクスを41億ドル(約5300億円)で買収する。ターニング・ポイントが開発する肺がん治療薬は来年の販売が見込まれている。

  両社が3日発表した資料によると、ブリストル・マイヤーズはターニング・ポイントの発行済み株式100%を1株76ドルで取得する。支払いは現金で行う。ターニング・ポイントの2日終値は34.61ドル。

  同買収は7-9月(第3四半期)に完了する予定。ブリストル・マイヤーズはドイツのバイオ医薬品会社イマティクスとの提携拡大を2日発表したばかり。大手製薬会社の間では、新型コロナウイルス感染症への関心が弱まるのに伴い、利益の大きいがん分野に焦点を戻そうとする動きが広がっている。

原題:

Bristol-Myers to Pay $4.1 Billion for Lung-Cancer Biotech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE