コンテンツにスキップする

マスク氏、テスラは採用凍結・従業員10%削減が必要-報道

更新日時
テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)

Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、従業員を約10%削減する必要があるとの考えを示した。経済について「ひどく悪い感触」を抱いているともコメントした。ロイター通信がテスラ幹部宛ての電子メールを引用して報じた

  「全世界で採用停止」と題した電子メールは2日に送信されたという。テスラの担当者は3日の電子メールでのコメント要請に応じていない。

  マスク氏は今週、テスラ幹部らにオフィス復帰を促し、従業員は少なくとも週40時間オフィスで働く必要があると指示していた。

  報道を受け、テスラ株はドイツ市場で一時4.7%下落した。

原題:Tesla Pauses Hiring, Musk Says Need to Cut Staff by 10%: Reuters、Tesla Falls on Germany’s Tradegate on Report It’s Pausing Hiring (抜粋)

 

(情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE