コンテンツにスキップする

大口投資家は「テラ」から早期脱出、小口投資家は買い継続ーリポート

  • 大口投資家はテラがドルとのペッグを失い始めた時に脱出し始めた
  • ジャンプ・クリプトがテラ崩壊に関するリポートを2日公表

崩壊したステーブルコイン「テラUSD(UST)」がドルとのペッグを失い始めた時、一部の大口投資家はテラ関連のポジションから脱出し始めたが、小口投資家はテラの急落中も買い続けた。テラ・ブロックチェーンと深い関わりがある企業ジャンプ・クリプトがリポートで指摘した。

  これはジャンプ・トレーディングの暗号資産(仮想通貨)部門ジャンプ・クリプトが2日公表した5月上旬のテラ崩壊に関するリポートの一部だ。

Key Speakers At The Bitcoin Conference
カナフ・カリヤ氏
Photographer: Eva Marie Uzcategui/Bloomberg

  これまで同社は、テラの支援組織ルナ・ファウンデーション・ガード(LFG)がUSTユーザーの補償のために残りの資金をどう割り当てるかなどを含め、テラの崩壊についておおむね沈黙を守ってきた。

  ジャンプのカナフ・カリヤ社長はLFGの運営評議会のメンバーとしてウェブサイトに記載されているが、今回のリポートではステーブルコイン危機で同社が果たした役割については説明されていない。

  ただ、公開されているブロックチェーン取引に基づく今回の調査結果は、一部の大口投資家が多くの小口投資家よりもはるかに早くUSTから脱出したことを示している。暗号資産がプロの大口投資家にとって依然としてゲームのようなものであることが、あらためて示された格好だ。

原題:Jump Report Shows Big Investors Exited Terra While Retail Bought(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE