コンテンツにスキップする

テスラの二足歩行ロボット、数カ月以内にお披露目も-マスク氏

  • テスラは2回目の「AIデー」を9月30日まで延期
  • 21年のAIデーで、ヒューマノイドロボットの開発計画を発表

電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、二足歩行する人型ロボット「オプティマス」のプロトタイプを数カ月以内に披露できそうだとツイートした。同社はこれを理由に、予定していた2回目の人工知能(AI)関連イベント「AIデー」を9月30日まで延期した。

  テスラは2021年8月に行った1回目のAIデーでヒューマノイドロボットの開発計画を発表。「テスラボット」とも呼ばれるオプティマスは食料品の買い物など日常生活のタスクをこなすことができるようになるとマスク氏は説明。テスラにとって「いずれ自動車事業よりも重要になる可能性がある」と述べていた。

Tesla Bot
AIデーのライブストリーム中にテスラボットを紹介するマスク氏
Source: Tesla Inc.

  21年のAIデーでのプレゼンテーションによれば、オプティマスは身長約173センチメートル、体重約57キロで、重さ20キロまでの物を運ぶことができる。テスラがEVで使用するために開発しているのと同じAIシステムで制御されるという。

  マスク氏は当時、「テスラはほぼ間違いなく世界最大のロボット工学企業」だとし、同社のEVは「基本的に車輪が付いた半知覚ロボット」だとコメントしていた。

原題:Musk Says Tesla May Have ‘Optimus’ Robot Prototype Within Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE