コンテンツにスキップする

「プーチン大統領関連」のヨットや富豪、米国の新たな制裁対象に

  • 資産の隠匿・移動・管理で複雑な支援ネットワークに依存-米財務省
  • 富豪アレクセイ・モルダショフ氏も米国務省の制裁対象

米財務省は2日、ロシアのプーチン大統領やその支持者と関連があるとされるヨットを対象に新たな制裁を科すと発表した。ウクライナでの戦争が背景。

  財務省によると、富豪アレクセイ・モルダショフ氏も米国務省の制裁対象になった。同氏はロシア4位の鉄鋼メーカー、セべルスタリの過半数株式を保有する。

  財務省の声明によれば、ロシア船籍のヨット「グレースフル」とケイマン諸島船籍の「オリンピア」は新たな制裁対象となった船舶に含まれる。プーチン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領は2021年に黒海で、これらの船の1つに同乗したという。

  ブライアン・ネルソン財務次官(テロリズム・金融情報担当)は声明で、「プーチン大統領を含むロシアのエリートは資産やぜいたく品の隠匿・移動・管理で複雑な支援ネットワークに頼っている」と指摘した。

原題:‘Putin-Linked’ Yachts, Billionaire Are Hit With US Sanctions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE