コンテンツにスキップする

ゴールドマン社長も警告、経済に「前代未聞」の衝撃-ダイモン氏に同調

JPモルガンのダイモンCEO(左)とゴールドマン・サックスのウォルドロン社長

JPモルガンのダイモンCEO(左)とゴールドマン・サックスのウォルドロン社長

ゴールドマン・サックス・グループのジョン・ウォルドロン社長は、世界経済を揺るがすショックが相次ぐ中、この先はさらに厳しい経済状況が続くと警鐘を鳴らした。前日にはJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が同様の警告を発していた。

経済の「ハリケーン」に備えよ、JPモルガンのダイモン氏が警告 (1)

  ウォルドロン氏は投資家会議で「これは私がこれまでのキャリアで見てきた中で、最もとは言わないまでも、かなり複雑かつダイナミックな環境の1つだ」と発言。「経済システムにこれほどの数の衝撃が同時発生するのは前代未聞だ」と述べた。

  その上で「この先は一段と厳しい経済状況になることが見込まれる」とし、「資本市場の環境が厳しくなることは間違いない」と続けた。

  一方、景気低迷時でも同行が高収益をあげられることには自信を示し、「経済環境がどうであれ、われわれはうまくやっていけるだろう」と語った。

原題:

Goldman’s Waldron Warns of Unprecedented Shocks, Echoing Dimon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE