コンテンツにスキップする

EU、ロシア産石油の部分的禁輸とズベルバンク制裁を承認

更新日時
A drilling pipe enters the ground at a drilling rig on the Gazprom PJSC Chayandinskoye oil, gas and condensate field, a resource base for the Power of Siberia gas pipeline, in the Lensk district of the Sakha Republic, Russia, on Wednesday, Oct. 13, 2021. 

A drilling pipe enters the ground at a drilling rig on the Gazprom PJSC Chayandinskoye oil, gas and condensate field, a resource base for the Power of Siberia gas pipeline, in the Lensk district of the Sakha Republic, Russia, on Wednesday, Oct. 13, 2021. 

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

欧州連合(EU)はロシアに対する制裁第6弾を承認した。これにはロシア産石油の部分的な禁輸と、同国最大手行ズベルバンクを国際銀行間通信協会(SWIFT)の決済ネットワークから排除することが含まれる。2日の大使級会合で支持されたことを、EU議長国を務めるフランスがツイッターで確認した。

  ロシア産石油の部分禁輸については協議が難航していたが、ハンガリーが反対を取り下げたことでまとまった。加盟各国は、海上輸送による原油輸入を6カ月以内、石油製品輸入を8カ月以内に停止する。ロシア産への依存度が高いハンガリーや他の内陸国への配慮から、パイプラインを通じた原油輸入は一時的に禁輸の対象外とした。

  金融機関への制裁では、ズベルバンクのほかクレジット・バンク・オブ・モスクワロシア農業銀行をSWIFTネットワークからの排除対象とした。この措置はEU官報に掲載された段階で採用される。

原題:EU Approves Partial Russian Oil Ban, Sanctions on Sberbank(抜粋)

(制裁の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE