コンテンツにスキップする

米新規失業保険申請件数、小幅に減少-タイトな労働市場浮き彫り

更新日時

先週の米新規失業保険申請件数は減少した。タイトな労働市場を背景に、歴史的な低水準が続いている。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数(5月28日終了週)は前週比1万1000件減の20万件
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は21万件
    • 前週は21万1000件(速報値21万件)に修正

 

US applications for unemployment insurance fell last week
新規失業保険申請件数
出所:ブルームバーグ

  失業保険の継続受給者数は5月21日終了週に131万人に減少し、1969年以来の低水準となった。

  先週の失業保険申請件数は季節調整前ベースでも減った。ケンタッキーやペンシルベニア、ジョージア、フロリダ各州での減少を反映した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:

US Jobless Claims Edged Lower Last Week Amid Tight Labor Market(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE