コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(6月2日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は反落、米金融引き締め警戒で成長銘柄売り-食品も安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反落。米ISM製造業総合景況指数が予想外に上昇し、米金融引き締め強化への警戒感が強まった。米長期金利の上昇に伴い成長(グロース)株に売りが広がり、精密機器や医薬品、サービス株の下げが目立った。外国為替相場は一時1ドル=130円台を付ける円安に推移し、食品などの内需銘柄には仕入れコスト増を懸念した売りが出た。

  • TOPIXの終値は前日比12.25ポイント(0.6%)安の1926.39
  • 日経平均株価は44円01銭(0.2%)安の2万7413円88銭

T&Dアセットマネジメントの浪岡宏チーフ・ストラテジスト

  • 米長期金利が上昇し、投資家の姿勢が慎重になった。米金融当局高官のタカ派的な発言が相次いでおり、金融引き締めの強化が経済に与える悪影響への懸念が相場の重しとなった
  • 金利が上昇すると割高感の出る成長株に売りが出た。株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)の高い精密機器や医薬品株の下げが目立った
  • 半面、保険株には米債券の運用利回りが改善するとみた買いが入った

東証33業種

下落率上位鉱業、医薬品、精密機器、サービス、水産・農林
上昇率上位石油・石炭製品、保険、ゴム製品

 

●債券は下落、米金利上昇で超長期中心に売り優勢-10年入札は無難通過

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい

  債券相場は下落。米経済指標の改善を受けて米長期金利が上昇した流れを引き継ぎ、超長期債を中心に売りが優勢だった。一方、日本銀行が指し値オペを毎営業日実施していることが長期債を中心に下支えしており、この日の10年国債入札は無難に通過した。

  • 新発20年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp)高い0.765%、新発30年債利回りは一時1.5bp高い1.05%、新発40年債利回りは一時2bp高い1.14%
  • 新発10年債利回りは1bp高い0.24%
  • 長期国債先物6月物の終値は前日比7銭安の149円69銭。売りが先行して149円66銭まで下落。その後2銭安の149円74銭まで下げ幅を縮める場面もあったが、午後は軟調な推移が続いた

指し値オペ

  • 日銀は午前10時10分の金融調節で指し値オペを通知。買い入れ利回りは10年国債366回債で0.25%
  • 4月末の金融政策決定会合で指し値オペの毎営業日実施を決定して以降、応札額はゼロが続いている

10年国債入札  

  • 最低落札価格99円60銭と、市場予想と同水準
  • 応札倍率は4.86倍と前回の5.74倍から低下
  • 小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は2銭、前回は3銭
  • SBI証券の道家映二チーフ債券ストラテジスト
    • 日銀のサポートがある中で手堅い入札となり、無難な結果だった

 

●ドル・円が130円前後、米金利高で一時3週ぶり高値-米指標見極めへ

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は3週間ぶり高値を付けた後、もみ合いに転じた。前日の米金利上昇を受けて朝方はドル買いが先行。その後は米雇用統計を週末に控えて米金利や株価動向を見極めようと、1ドル=130円ちょうど前後で一進一退の展開となった。

 
  • ドル・円は午後3時7分現在、前日比0.1%安の129円95銭。130円24銭と5月11日以来の高値を付けた後129円89銭まで反落し、その後もみ合い

りそなホールディングス市場企画部の梶田伸介チーフストラテジスト

  • 米ISM(供給管理協会)指数が強かったことで米金利が上昇し、ドル・円も反発
  • ただ、金利上昇がスタグフレーションなど景気にネガティブ要因として意識されれば、株式相場の上値抑制といったリスクオフの流れを通じて円安を抑える形になる
  • ドル・円は5月高値131円35銭が視野に入ってくるが、米金利がよほど上振れない限りは130円台から徐々に上昇ピッチが落ちてくる可能性が高い。130円台は相応に売りもあるだろう
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE