コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、サウジを月内に訪問か-ガソリン高騰で圧力強まる

  • サウジ訪問の可能性高いが関係者は皇太子との会談見通し確認せず
  • バイデン氏、米紙コラムニストの殺害巡り過去に皇太子を非難

バイデン米大統領は主要7カ国(G7)と北大西洋条約機構(NATO)の首脳会合に出席するための外遊の一環として、サウジアラビアを今月訪問する可能性が高い。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  サウジ訪問が実現する場合、バイデン大統領は同国を事実上統治するムハンマド・ビン・サルマン皇太子との会談がほぼ避けられない。バイデン大統領は2018年にイスタンブールにあるサウジ総領事館で米紙ワシントン・ポストのコラムニストだったジャマル・カショギ氏が殺害された事件を巡り、皇太子を非難していた。

President Biden Meets With Fed Chair Jerome Powell
バイデン大統領
Photographer: Oliver Contreras/Sipa/Bloomberg

  事情に詳しい複数の関係者は、サウジ訪問の可能性は高いと述べるにとどめ、皇太子との会談の可能性に関しては確認しなかった。

  大統領は今月下旬にドイツ南部で開かれるG7サミットとマドリードで開かれるNATO首脳会議に出席する見通し。

  バイデン政権発足当初にホワイトハウスは、大統領が直接会談するのはサウジ元首であるサルマン国王のみだとしていたが、米国のガソリン価格が記録的高値に上昇している中で皇太子との会談を迫る圧力が強まっている。世界の原油需要は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後に想定されたよりも急ピッチに回復していると米国は主張しているが、サウジは輸出拡大を急ぐことを拒否している。

関連記事

原題:

Biden Likely to Visit Saudi Arabia as US Gasoline Prices Spiral(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE