コンテンツにスキップする

中国はゼロコロナ堅持、大規模検査で封じ込め-むしろ危険との指摘も

  • 主要都市に多数のコロナ検査ブース-48時間ごと検査、陰性証明必要
  • コロナ広がらなければ自然免疫も実現せず、脆弱な状況続くとの懸念

中国・上海市では新型コロナウイルス対策としてロックダウン(都市封鎖)が講じられ、北京市でも厳格なコロナ規制が導入されていたが、中国当局は今後も頻繁な大規模検査でコロナ封じ込めを目指す。代償も大きい「ゼロコロナ」政策からの脱却を期待する声を打ち砕くことになりそうだ。

  中国では何万ものコロナ検査ブースが主要都市に張り巡らされている。住民が徒歩15分以内に検査場へと常にたどり着けるようにすることが目標だ。

  こうしたインフラによって北京や上海、テクノロジー企業が集積する深圳、電子商取引大手が本社を置く浙江省杭州など都市では、48時間ごとの検査義務付けが可能となる。地下鉄の利用や店舗の入店には陰性証明が必要だ。

Covid Situation In Shanghai As Financial Center Covid Cases Fall Slightly
上海市内のコロナ検査ブース
Source: Bloomberg

  北京の名門校、清華大学の研究員らは検体採取プロセスを自動化するロボットを設計。アミューズメントパークの入り口を連想させるようなスライド式の窓、あるいは胸の高さにある2つの穴から手袋をはめて手を出し、検体を採取する求人案件では、企業が月1万元(約19万円)を超える条件で人材を募集している。

  一連の投資は、ゼロコロナに対する中国のコミットメントがいかに強いかを示している。感染力が強いオミクロン変異株に対してこうしたアプローチを採用するのは世界でも中国くらいになっている。

Covid Testing in Shanghai
上海市内の常設PCR検査ブース(5月31日)
Photographer: Charlie Zhu/Bloomberg

  死に至る恐れもあるコロナだが、各国・地域ではコロナとの共生が進む。世界とかけ離れた独自の戦略を堅持している中国では、コロナが市中で広がらないようにするため、検査結果に基づいた行動の迅速化が求められる。

  ニューヨークに本部を置く外交問題評議会で国際衛生を担当する黄延中シニアフェローはこうした取り組みについて、「中国でゼロコロナを長期化させるだけになる」と分析。「免疫格差が残ることになり、コロナとの共存がさらに遠のく」と話す。

Covid-19 Situation in Shanghai As China’s Covid Outbreak Wanes
上海市内でコロナ検査のため並ぶ住民ら(5月30日)
Source: Bloomberg

  中国は市中に広がる前にコロナを遮断することを目指すが、これは多数の都市住民にとって、コロナ検査が日常生活の一部にならざるを得ないことを意味する。

  コロナ感染の制御や経済活動再開の鍵として検査の重要性を説き、一躍注目されたハーバード大学のマイケル・ミナ元教授(疫学)は、中国のアプローチはコロナ感染の早期発見と除去に寄与するだろうと指摘する。コロナがなくなりそうにないことを踏まえると、問題は中国がいつまでこの戦略を追求し続けるのかだ。

Covid testing in Beijing
北京市内のコロナ検査ブース(5月30日)
Source: Bloomberg

  現在は在宅でのコロナ検査や遠隔医療サービスを提供する企業eMedで最高科学責任者(CSO)を務めるミナ氏は、「間違いなくこれはオミクロン株の早期発見に寄与し得る。全員に2日ごとの検査が義務付けられるのであればなおさらだ」とした上で、「これは極めて困難な手法だ」とも語る。

  さらに、コロナが中国に広がらなければ自然免疫も実現せず、新たな変異株を中心に脆弱(ぜいじゃく)なままとなる恐れがある。

  ミナ氏は「中国に関しては非常に心配している」とし、「この政策は中国を実に危険な状況へと追い込んでいる。乾燥下で火種がくすぶっているに等しく、感染者が出ればいつでも燃え上がる状況だ」と述べた。

ブルームバーグのスティーブン・エングル記者が中国のコロナ戦略について語る
 

原題:China Plans for Years of Covid Zero With Tests on Every Corner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE