コンテンツにスキップする

中国のコロナ新規感染者、3カ月ぶり低水準-北京や上海でも減少

更新日時
  • 29日から北京の一部地域の移動制限緩和、ロックダウン懸念後退
  • 上海は29日に一連の経済支援策公表、6月から製造業再開

中国では29日、新型コロナウイルス新規感染者が約3カ月ぶり低水準に減少した。北京や上海でも減り、感染拡大阻止のための厳しい制限措置の一部を緩和し低迷する国内経済を刺激しようとする当局を後押ししている。

  北京の新規感染者は12人と、前日の21人を下回った。感染状況は抑制されているとの当局の発表後、複数の地区で移動制限の緩和が29日始まった。1日当たり数十件の新規感染が制限強化にもかかわらず報告された時期には北京がロックダウン(都市封鎖)に向かうとの懸念が広がったが、このところの新規感染者減少でこうした懸念は後退した。

  金融ハブの上海でも新規感染者は67人と、28日の122人から減少。同市は6月1日から全ての製造業の稼働再開を認めるなど、一連の経済支援策を29日に公表した。

  中国全土では122人が新規感染したが、これは3月3日以来の少なさ。ゼロコロナ政策を継続する中国だが、オミクロン変異株などの感染拡大が繰り返され、新規感染者ゼロの報告日は昨年10月以降はない。

  また、上海市政府は30日の声明で、6月1日から低リスク地域の住民が住宅区画を自由に出入りすることを許可すると発表した。同日からバスと地下鉄の運行およびタクシーのサービスも再開し、低リスク地域の道路で車の通行も許可する。

Beijing Maintains Strict Measures After Recent COVID Outbreak
公園で大人数で集まるのを防ぐためのテープや看板(北京、5月28日)
Photographer: Kevin Frayer/Getty Images

原題:China’s Covid Outbreak Wanes as Curbs Eased to Boost Economy (2)China’s Covid Outbreak Wanes as Curbs Eased to Boost Economy (5) (抜粋)

 

 

(最終段落を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE