コンテンツにスキップする

中国の習主席が異例の会談-国連人権高等弁務官とオンラインで

中国の習近平国家主席は25日、バチェレ国連人権高等弁務官とオンラインで会談した。国営新華社通信が報じた。習主席は一般的に他国や国際機関のトップとしか会うことはないため、オンラインとはいえこの日の会談はかなり異例だ。

  国営中央テレビ(CCTV)によれば、中国は人権を巡る対話に関わることに前向きで、平等と相互尊重に基づき全ての関係者と積極的に協力すると習主席は発言。その上で、各国は自国の実情と自国民のニーズに基づき、その国に最も適した人権進展の道をたどらなければならないと主張した。

国連人権高等弁務官、中国の新疆訪問は「調査」目的ではない-関係者

  中国入りしているバチェレ氏は、国連の人権委員会は中国との意思疎通を強化し、協力について話し合う意向だと習主席に伝えたという。

CHINA-GUANGZHOU-WANG YI-UN HUMAN RIGHTS CHIEF-MEETING (CN)
バチェレ国連人権高等弁務官(左)と中国の王毅外相(5月23日)
Photographer: Deng Hua/Xinhua/Getty Images

原題:China’s Xi Holds Rare Meeting With UN Human Rights Official (1)、China President Xi Meets UN Human Rights Chief Via Video Link

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE