コンテンツにスキップする

ナイキがロシアから撤退へ、フランチャイズ契約延長せず-ベドモスチ

  • 予見可能な将来にロシア向け商品供給を確保できない状況
  • IRGが在庫切らした時点でブランド店閉鎖を余儀なくされる

ナイキは、ロシアのインベンティブ・リテール・グループ(IRG)とのフランチャイズ契約を延長しないことを決め、同国から撤退する。IRGが社員に宛てた書簡を引用し、ロシア紙ベドモスチが報じた。IRGはナイキのブランドを冠したロシア最大の小売りチェーンを運営している。

Shoppers At Niketown Store In San Francisco
ナイキのロゴ
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  同紙によれば、ナイキは予見可能な将来にロシア向け商品供給を確保できず、IRGが在庫を切らした時点でブランド店の閉鎖を余儀なくされる。

  ナイキは既存の契約を延長しないことを決定しており、ロシアでの新たな契約にも応じないと、ナイキの担当者が同紙に語った。

  ロシアでの営業は停止しているが、同社は引き続き従業員に給料を支払っているという。

関連記事

 

 

原題:

Nike Decides Not Extend Franchise Deal in Russia, Vedomosti Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE