コンテンツにスキップする

北京市のコロナ感染続く、当局者12人処分-天津は和平区を事実上封鎖

  • 北京のコロナ新規感染、24日に47人-拡大局面が1カ月続く
  • 天津市、不要不急なら居住区から出ないよう和平区の住民に要求

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国・北京市の新型コロナウイルス新規感染が24日に47人となり、拡大局面が1カ月続いている。一方、港湾都市の天津市は感染が目立つ中心部の和平区を事実上封鎖した。

  北京市では23日に48人、22日には今回の感染拡大局面で最多となる99人の新規感染者が出ていた。なお少ないとはいえ、北京はこの1カ月、1日当たり数十人規模で感染者を記録しており、大規模検査や一部地区での在宅勤務命令などの措置では感染の抑え込みに十分ではないことを示唆している。

CHINA-HEALTH-VIRUS
コロナ規制のため封鎖された北京市内の居住区の玄関(5月24日)
Photographer: Noel Celis/AFP/Getty Images

  北京市政府は24日遅く、警備員や保守業務担当者らエッセンシャルワーカーに対するコロナ対策を強化すると発表。また、共産党中央規律検査委員会のウェブサイトに掲載された声明によると、北京市当局は市内で発生した2件のクラスター(感染者集団)に関連し、当局者12人を処分した。

  今年1月の感染拡大局面ではトヨタ自動車やドイツのフォルクスワーゲン(VW)など現地工場の操業に影響が出た天津市では、和平区の住民に対して不要不急の場合は居住区などから出ず、在宅勤務を行うよう求めた。期間は3日間。

  上海市の24日のコロナ新規感染者は387人と、前日の480人から減少。隔離外では1人の感染が見つかった。

原題:Beijing Records More Covid Cases; Tianjin Tightens Restrictions、Beijing Punishes 12 Officials, Warns Postal Chief Over Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE