コンテンツにスキップする

インドが砂糖輸出を制限へ、国内供給を優先-関係者

A sugarcane harvest in Jalana district of Maharashtra, India.

A sugarcane harvest in Jalana district of Maharashtra, India.

Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

インドは砂糖輸出を制限する。国内の食料供給を守るための予防的措置だが、インドは今月に入り小麦輸出を禁止しており、保護主義的な貿易スタンスを強めている。

  関係者によると、政府は9月に終わる販売年度の砂糖輸出を1000万トンに制限することを計画している。次年度が始まる10月までの十分な在庫確保が狙いだという。非公開情報だとして関係者は匿名を条件に述べた。

  数日以内に正式発表される可能性あると関係者は説明。インドは昨年、ブラジルに次ぐ世界2位の砂糖輸出国だった。バングラデシュやインドネシア、マレーシア、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイなどがインドが出荷する砂糖の主な買い手。

  インドの商工省および食品当局の報道官はコメント要請に応じなかった。

Sweet Spot

India is the world's second-biggest exporter of sugar

Source: USDA Foreign Agricultural Service

NOTE: Based on 2020-21 data

原題:India to Limit Sugar Exports in Risk to Global Food Prices (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE