コンテンツにスキップする

ソフトバンクG孫社長、銀行への担保株数が1233万株増加-今年3度目

SoftBank Group Corp. Chairman and Chief Executive Officer Masayoshi Son.

SoftBank Group Corp. Chairman and Chief Executive Officer Masayoshi Son.

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

ソフトバンクグループの孫正義社長が金融機関に担保提供している自社株数が増加した。同社が関東財務局に提出した23日付の変更報告書で明らかになった。

  開示資料によると、孫社長の5月17日時点の担保株数は前回3月から1233万株増えた。ブルームバーグが同報告書を基に計算した。孫社長個人の保有株数に対する担保の割合は37%と、前回3月の33%から上昇。担保株数の増加を届け出るのは今年3度目となった。

  担保の増加が確認された金融機関は新生銀行、大和証券、ドイツ銀行など9社。一方、みずほ銀行では減少した。ソフトバンクG株の年初来騰落率は23日現在、マイナス2.9%となっている。

Masayoshi Son Virtual News Conference On SoftBank Group's Third Quarter Earnings
ソフトバンクGの孫社長
Source: Bloomberg
関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE