コンテンツにスキップする

ディーズ米NEC委員長、FRBにはインフレ対策のため「余裕」必要

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ディーズ米国家経済会議(NEC)委員長は22日、米国がリセッション(景気後退)入りする可能性については明確な否定を避けつつ、米金融当局にはその責務を果たすための余裕が必要だと論じた。

  ディーズ氏はこうしたアプローチについて、40年ぶりの大幅上昇となっている消費者物価の抑制を「最優先事項」にするというバイデン米大統領の約束を反映していると説明した。

  ディーズ氏は「インフレ抑制の責務を米金融当局が遂行できるよう、われわれは米当局に余裕と独立性を与える必要がある」とCNNの番組で発言。米国の連邦債務を削減することも「経済における物価圧力の低下につながる」と述べた。

  リセッションの可能性を排除するかとの質問に対しては、新型コロナウイルスの「デルタ」や「オミクロン」変異株感染拡大やロシアのウクライナ侵攻は、世界のコモディティー市場に影響を及ぼしたが、米国はインフレに対応する上で他国よりも好位置にあるとディーズ氏は説明。

  「常にリスクはあるが、特に世界的な状況に目を向けると、米国の現状については非常に良い感触を得ている」と述べた。

原題:Biden Adviser Says Fed Needs Space to Do Inflation-Fighting Job(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE