コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁、利上げ前倒しなら23年には利下げ可能にも

  • ブラード総裁、年末までに政策金利を3.5%とすることを改めて支持
  • 0.5ポイント利上げ、当面は良い計画-今後のデータに注意が必要
James Bullard, president and chief executive officer of the Federal Reserve Bank of St. Louis.

James Bullard, president and chief executive officer of the Federal Reserve Bank of St. Louis.

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米セントルイス連銀のブラード総裁は、利上げを積極的に前倒しし、年末時点で政策金利を3.5%にすべきだとの見解を示した。またそうした利上げが奏功すれば、インフレを鈍化させ、2023年ないし24年に利下げに動くこともあり得ると指摘した。

  総裁は20日、FOXビジネスのインタビューで、「私は年末までに3.5%に引き上げるべきだと述べてきた。これは一部同僚が考えるより高い水準だ」とし、「より前倒しし、インフレとインフレ期待を抑制できれば、それだけ状況の改善も進む。23、24年にはインフレがしっかり抑制され、政策金利を引き下げることもあり得る」と語った。

  ブラード総裁は、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が適切だとしている6月と7月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での0.5ポイント利上げへの支持を改めて示した。また0.75ポイントの利上げについても、選択肢から排除はできないと述べた。

パウエル議長、今後2回の0.5ポイント利上げの可能性重ねて指摘 (1)

  総裁は「われわれはインフレを抑制する必要があり、当局にはそのための良い計画があると私は考えている」とし、「0.5ポイントは当面は良い計画だ。いつものことだが、今後入手する経済とインフレに関するデータに注意を払う必要がある。金融政策では確実な約束というものは決してできない。様子を見ながら進めていく」と述べた。

原題:Fed’s Bullard Says Front-Loading Could Lead to Rate Cuts by 2023(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE