コンテンツにスキップする

英消費者信頼感、1970年代の統計開始以降最低-生活費高騰で景気悲観

  • 5月の信頼感指数はマイナス40、高インフレが景気回復脅かす
  • 景況感は70年代のエネルギー危機や金融危機の最悪期を下回る
A customer shops for meat at a Sainsbury's supermarket in Walthamstow, east London. 

A customer shops for meat at a Sainsbury's supermarket in Walthamstow, east London. 

Photographer: OLGA AKMEN/AFP via Getty Images

英国の消費者信頼感指数は5月に少なくとも48年ぶりの低水準に落ち込んだ。生活費の高騰で消費者の景況感は、1970年代のエネルギー危機や金融危機の最悪期よりも冷え込んでいる。

  調査会社GfKの発表によれば、5月の消費者信頼感指数はマイナス40と、前月から2ポイント低下し、統計を開始した1974年以降で最低となった。40年ぶりの高インフレが新型コロナウイルス禍からの回復を脅かしつつあることがあらためて示唆された。

英国5月の消費者信頼感指数(表)-GfK

Consumer Gloom

Britons are more pessimistic than at any time in at least half a century

Source: GfK

原題:UK Consumer Confidence Falls to Its Lowest Level Since 1970s (1)

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE