コンテンツにスキップする

カナダ、ファーウェイとZTEを5Gネットワークから排除

  • ファーウェイはカナダの安全保障上の脅威になると産業相
  • バイデン政権は各国にファーウェイ製品の排除を求めてきた
ファーウェイのロゴ

ファーウェイのロゴ

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

カナダのトルドー政権は、国内の通信サービス業者が第5世代(5G)移動通信ネットワークで中国の華為技術(ファーウェイ)の製品・サービスを使用するのを禁止する。同盟国の動きに加わった形だ。

  シャンパーニュ・イノベーション・科学・産業相は19日、ファーウェイはカナダの安全保障上の脅威になると述べ、ブルームバーグ・ニュースの先の報道内容を確認した。中興通訊(ZTE)の製品・サービスも禁止される。

  同相によると、既にファーウェイまたはZTEの製品を導入している企業は2027年末までに撤去する必要がある。両国関係が悪化する中で、トルドー政権は決定を3年余り遅らせてきた。今回の決定が両国の緊張を高めるのはほぼ確実だ。

関連記事

中国、カナダ人2人を釈放-ファーウェイCFOが本国に向け出発後

ファーウェイのCFO、カナダ出国し帰国の途-米司法省と取引 (1)

  ただ、各国にファーウェイ製品の排除を求めてきたバイデン米政権からは歓迎される見通し。米政府は2019年以降、1社に対するものとしてはこれまでで最も厳しいとみられる制裁を科している。

Huawei CFO Meng Reaches Deal With DOJ
バンクーバーの裁判所の外で発言する孟晩舟CFO(2021年9月)
Photographer: Jimmy Jeong/Bloomberg

  カナダと中国の関係は、米国の要請に応じてカナダ当局が18年12月にファーウェイの孟晩舟最高財務責任者(CFO)を逮捕したことで悪化。同CFO逮捕の数日以内に中国はカナダ人のマイケル・スパバ、マイケル・コブリグ両氏を拘束した。

  同CFOは昨年9月、米当局と訴追延期合意(DPA)を締結した後に中国への帰国が可能になり、中国も収監していたカナダ人2人を釈放した。

原題:Canada Bans China’s Huawei, ZTE From 5G Wireless Networks (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE