コンテンツにスキップする

グリフィン氏、オフィス復帰の重要性強調-在宅では注意散漫に

更新日時
Ken Griffin, Founder and CEO, Citadel.

Ken Griffin, Founder and CEO, Citadel.

Photographer: PATRICK T. FALLON/AFP

ヘッジファンド運営会社シタデルの創業者ケン・グリフィン氏は、同社の従業員はオフィスに完全復帰していると述べた。リモート勤務の環境ではイノベーションや創造性が行き詰まる可能性があるとし、対面による仕事の重要性を強調した。

  同氏は19日、ブルームバーグ・インテリジェンス主催の会議でインタビューに応じ、「従業員全員が再びオフィスに復帰したことは、当社の事業を前進させるという点で非常に力強い要素になっている」と指摘。さらに、従業員からは「オフィスにいることで、仕事以外の多くのことに気を取られなくて済むのは良いことだ」との声が上がっていると述べた。

グリフィン氏インタビュー
Source: Bloomberg

  新型コロナウイルスの感染拡大はなお続いており、ウォール街の金融機関では従業員のオフィス勤務の頻度を巡り難しい判断を迫られている。シタデルやゴールドマン・サックス・グループなど、より積極的なオフィス復帰方針を掲げ、従業員に出社日数を増やすよう求める企業もある。

シタデルのグリフィン氏、若手従業員の在宅勤務は「重大な間違い」

原題:Griffin Decries Remote Work, Sees Too Many Distractions at Home(抜粋)

(最終段落を追加し、更新します。更新前の記事では見出しの漢字を訂正済みです。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE