コンテンツにスキップする

中国が台湾巡り「危険な状況」に至ると米国に警告-日本もけん制

  • 中国の外交トップ、楊潔篪氏とサリバン米大統領補佐官が電話会談
  • 中国の王外相は日本の林外相とオンライン会談を行った

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国の外交トップ、楊潔篪共産党政治局員は18日、米国に対し台湾を支援することで「間違った道」を歩んでいると警告した。中国人民解放軍はこの日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に戦闘機などを侵入させた。

President Xi Jinping Confirmation at the NPC
楊潔篪氏
Photographer:Qilai Shen/Bloomberg

  楊氏はサリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)との電話会談で、「米国側が台湾というカードに固執し、間違った道を進み続ければ確実に危険な状況に至る」と述べた。

  中国外務省がオンライン上で発表した声明によると、米政府は「状況を明確に理解」すべきだと楊氏は発言。「中国は主権と安全保障上の利益を守るため断固たる行動を確実に取る」とも伝えたという。

   ホワイトハウスはサリバン、楊両氏の会談について、「地域の安全保障問題と核不拡散」について焦点を絞ったとする短い声明を出した。ロシアがウクライナで始めた戦争と米中間の特定の問題も話し合ったと説明した。

  一方、中国の王毅外相は18日、日本の林芳正外相とオンライン会談を行った。中国外務省の声明によると、王氏は対米関係において中国の利益を損なわないよう日本に求め、日米協力が中国の主権と安全、発展の利益を損ねてはならないと主張。日本は慎重に行動し、歴史から教訓を学ぶべきだとも述べたという。

  日本の外務省は、林氏が「尖閣諸島を巡る情勢を含む東シナ海、南シナ海、香港、新疆ウイグル自治区等の状況に対する深刻な懸念を表明」したとする報道資料を発表した。

  台湾国防部(国防省)はウェブサイトで、中国人民解放軍の戦闘機「殲16(J16)」2機を含む4機が18日に台湾のADIZに入ったと発表した。

原題:China Warns US a ‘Dangerous Situation’ Is Forming Over Taiwan、 Wang Yi Urges Japan Not to Hurt China’s Interests in US Ties (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE