コンテンツにスキップする

ゴールドマン、今年の中国経済成長率予想を4%に下方修正-従来4.5%

  • 4-6月GDPは前年同期比1.5%増へ-これまでは4%増見込む
  • 4月の経済統計が予想より悪く見通しを引き下げた

米銀ゴールドマン・サックス・グループは18日、今年の中国経済について、成長率見通しを4%に引き下げた。従来予想は4.5%だった。4月の経済統計が予想より悪かったことを理由に挙げた。

  同行のエコノミストらはリポートで、中国の国内総生産(GDP)は4-6月(第2四半期)に前年同期比1.5%増にとどまると予想。これまでは4%増と見込んでいた。年間成長率見通しは新型コロナウイルスの感染拡大がほぼ抑えられ、不動産市況が好転し、政府がインフラ支出を増やすという前提に基づいていると説明した。

原題:Goldman Sachs Cuts China’s Growth Forecast to 4% on Covid Policy (抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE