コンテンツにスキップする

日本勢が下位、ゼロエミッション車移行への備えで-調査

From
  • 気候シンクタンクのインフルエンスマップが18日に調査を発表
  • 29年までにEVが占める割合、トヨタは14%の見通し-VWは43%

トヨタ自動車日産自動車ホンダの日本の自動車メーカー3社は、世界の競合他社と比べてゼロエミッション車移行への備えが遅れていることが、気候シンクタンクのインフルエンスマップが18日に発表した調査で明らかになった。

  IHSマークイットの将来の生産データの分析に基づく調査によると、トヨタの世界生産にバッテリー式電気自動車(EV)が占める割合は2029年までに14%になると見込まれている。この割合はホンダでは18%、日産では22%になる見通し。

  一方、この割合は韓国の現代自動車では27%、米フォード・モーターと独フォルクスワーゲン(VW)ではそれぞれ36%、43%になると予想されている。

  日本の自動車メーカーは、EV展開で世界の同業他社に後れを取っており、国内のEV普及率は1%未満にとどまっている。ホンダはEVやソフトウエアの開発などに今後10年で約5兆円を投入すると発表。SUBARU(スバル)は、今後5年間でEVの自社生産体制構築に約2500億円を投資する方針を示している。

Dead Last

Japanese automakers rank poorly when it comes to making cleaner cars

Source: InfluenceMap

 

原題:

Japan’s Automakers Are Least Prepared for Zero-Emissions Shift(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE