コンテンツにスキップする

大和証券G社長、首相の「資産所得倍増」プランを歓迎-具体策を提言へ

Signage for Daiwa Securities Co., a unit of Daiwa Securities Group Inc., displayed outside the companys headquarters in Tokyo, Japan.

Signage for Daiwa Securities Co., a unit of Daiwa Securities Group Inc., displayed outside the companys headquarters in Tokyo, Japan.

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

大和証券グループ本社の中田誠司社長は18日に開催した投資家向け説明会で、岸田文雄首相が打ち出した投資による資産所得倍増計画について「証券会社の使命としてサポートする」と述べ、歓迎する意向を示した。

  岸田首相は今月、ロンドンの金融街シティーで行った講演で、貯蓄から投資への移行を大胆・抜本的に進め「投資による資産所得倍増を実現する」と表明。具体的な政策として少額投資非課税制度(NISA)の抜本的拡充や預貯金を資産運用に誘導する新たな仕組みの創設を挙げた。

  中田社長は首相の構想を受け、具体策をいくつか提言したいとの意向を当局などに申し出たことも明らかにした。

  この日の説明会では、2023年度までの中期経営計画の進捗(しんちょく)などを説明。同年度に経常利益2000億円(21年度実績は1358億円)としている業績目標は維持した。内訳では特にリテールやアセット・マネジメント部門が好調で利益の上振れを見込んでいるとした。

関連記事:
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE