コンテンツにスキップする

米財務長官、ウクライナ版「マーシャル・プラン」で多額支援呼び掛け

  • 1945年以降の欧州復興の作業に匹敵する多額の支援と民間投資が必要
  • これまでに約束のあった支援額では短期的なニーズにも不十分と指摘
イエレン米財務長官(5月10日)
イエレン米財務長官(5月10日) Photographer: Tom Williams/CQ Roll Call/Bloomberg

イエレン米財務長官は17日、ブリュッセル経済フォーラムで演説し、ウクライナへの大規模な経済支援を呼び掛けた。ロシアによる侵攻がもたらした荒廃からウクライナが立ち直るには、これまでに約束のあった支援額では短期的なニーズを満たすことにもならないと警告した。

  イエレン長官はその中で、「ウクライナの再建と復興のためには、1945年以降の欧州復興の作業に匹敵する多額の支援と民間投資がいずれ必要になる」と述べるとともに、「これまでに発表された2国間および多国間支援では、短期であってもウクライナの必要に対処するには不十分であろうことが明白だ」と述べた。

  米国は第2次世界大戦後の欧州諸国の復興を援助する「マーシャル・プラン」を推進したが、現在は400億ドル(約5兆1700億円)規模の包括的なウクライナ支援法案が先に下院を通過し、上院でも早ければ18日に可決される見通し。

  長官は「ウクライナへの金融支援を増やす取り組みに全てのパートナーが加わるよう、心から要請する」とし、ロシアのプーチン大統領による「侵略にウクライナの民主主義が確実に勝利するのを支援するには、共同の努力が不可欠だ」と強調した。

  イエレン長官は18-20日にドイツのボン郊外で開かれる主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席する。

関連記事

原題:

Yellen Calls for Marshall Plan for Ukraine to Meet Massive Need(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE