コンテンツにスキップする

シーやズームの創業者、パンデミック初期に膨らんだ資産が急減

  • シーを創業した李小冬氏、世界の富豪上位500人から脱落
  • ズームのユアンCEOは今年44億ドルの資産を失う

ゲーム業界の大物、李小冬(フォレスト・リー)氏はほんの数カ月前まで220億ドル(約2兆8400億円)相当の資産を持つシンガポール一の富豪だった。だが株式相場が大きく値崩れする中で、今年最も大きく富を失った資産家の1人となっている。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、オンラインゲームや電子商取引を手掛けるシンガポールのシーを創業した李氏の資産は現在47億ドル。まだ十分リッチだが、世界の富豪上位500人からは脱落した。

  ハイテク株売りに加え、シーの決算も期待外れで、同社の米国預託証券(ADR)は昨年10月のピークから80%余り下落。シーが昨年始めたばかりのインドの電子商取引事業を「市場の不確実性」を理由にやめたことも響いた。

Shares have plunged amid a global tech selloff
 
 

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まると、シーのような電子商取引やゲーム事業を展開するテクノロジー大手に対する需要が拡大した。李氏の資産も急増したが、今は金利上昇やウクライナでの戦争を巡る緊張が成長株の重しとなっている。

  「シーは今年、一段と厳しい状況に見舞われるだろう」と香港の独立系株式調査会社、藍蓮花資本(ブルー・ロータス・キャピタル)の楊子瀟マネジングディレクターは述べる。シーの担当者はこの記事についてのコメントを控えた。

  パンデミックを背景に資産を増やした多くのテクノロジー起業家が株価急落に見舞われ、資産を減らしている。米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズのエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)は今年、44億ドルの資産を失った。オンライン中古車販売の米カーバナを経営する親子は2人合わせて150億ドル減らした。

米カーバナ経営者親子、8割近い個人資産失う-5日の株急落追い打ち

  米アマゾン・ドット・コムの創業者で世界2位の富豪、ジェフ・ベゾス氏の資産も580億ドル近く目減りした。

原題:Sea Founder Loses $17 Billion in One of Tech’s Biggest Wipeouts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE