コンテンツにスキップする

中国の米国債保有残高、3月は2010年以来の低水準-日本は首位維持

  • 中国の保有残高は4カ月連続減少し1兆400億ドル
  • 日本は1.23兆ドルに減少、外国勢全体の保有残高は7.61兆ドル

米財務省が16日に発表した最新データによると、中国の3月末時点で米国債保有残高は2010年6月以来の低水準となった。

  中国の保有残高は前月比で152億ドル減少し1兆400億ドルで、外国勢では日本に次いで2番目の規模。中国としては10年6月の約8440億ドル以来の低水準。同国の保有残高減少は4カ月連続。

  外国勢全体の米国債保有残高は973億ドル減少し7兆6100億ドル。

  外国勢で首位の日本の保有残高は739億ドル減り1兆2300億ドル。3位の英国の保有残高は97億ドル増加し6349億ドル。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数によると、ドルは3月に1%上昇した。米10年国債利回りは3月に約51ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.34%。

原題:

China Holdings of Treasuries Drop to Lowest Level Since 2010(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE