コンテンツにスキップする

NY市、コロナ警戒レベル「高い」に近づく-マスク義務に戻る可能性も

The Empire State Building is reflected in a puddle in New York.
The Empire State Building is reflected in a puddle in New York. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米ニューヨーク市では新型コロナウイルス感染者が再び増加しており、警戒レベルが数日内に「高い」に引き上げられる可能性がある。その場合、公共の場など屋内でのマスク着用が再び義務として再検討されることになる。

  NY市保健当局のウェブサイトに掲載されている指針では、「NY市の警戒レベルが『高い』に引き上げられた場合、市はあらゆる公共の場を対象に屋内でのマスク着用義務を検討する」と記されている。

  過去7日間における住民10万人当たりの新規感染者数は、市全体で300人を超えた。最も多いのはスタテン島(390人)で、次いでマンハッタン(約366人)となっている。1カ月前は市全体で10万人当たり200人未満だった。

  NY市は5月初め、コロナ警戒レベルを「低い」から「中程度」に引き上げていた。

原題:NYC Nears High Covid-Alert Level, May Consider Requiring Masks(抜粋)

 

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE