コンテンツにスキップする

スリランカの対外債務、初のデフォルト迫る-18日に猶予期間終了

更新日時
  • デフォルト自体は投資家が広く想定している
  • 多くのスリランカ債にクロスデフォルト条項が付帯されている

深刻な経済危機と社会不安に見舞われているスリランカの対外債務デフォルト(債務不履行)が近づいている。利払いを怠ったドル建て債2本の猶予期間が18日に終わる。

  30日間の猶予期間終了前に債券保有者にクーポンの支払いがなされなければ、スリランカの対外債務は初めてデフォルトに陥ったと正式に宣言され得る。

  スリランカ政府は4月中旬、一部対外債務の支払いを停止し、債務再編を目指す方針を表明。その数日後、2023年と2028年に償還を迎えるドル建て債の利払い7800万ドル(約101億円)相当を怠り、S&Pグローバル・レーティングは同月下旬にスリランカの外貨建て長期ソブリン債格付けを「CC」から「選択的デフォルト(SD)」に引き下げた。

関連記事:

 

  ボントベル・アセット・マネジメントのマネーマネジャー、カルロス・デソウザ氏(チューリヒ在勤)は「取り決めがなければ正式なデフォルトとなる。法的には重要だが、市場はすでにスリランカを事実上のデフォルトと見なしており、そうしたイベントの相場への影響は恐らく大きなものにはならないだろう」と述べた。

Sri Lankan debt slumps to record lows as uncertainty lingers
 
 

  ブルームバーグが集計した気配値データによると、スリランカのドル建て債(2029年償還)は先週、額面1ドルに対し37セントと最安値を更新。JPモルガン・チェースによれば、この債券の米国債に対する利回り上乗せ幅は37ポイントで、ディストレスト債と見なされる10ポイントをはるかに上回っている。

  スリランカのデフォルト自体は投資家に広く想定されているが、多くのスリランカ債にはいわゆるクロスデフォルト条項が付帯されている。これにより1本の債券で支払いがなされなかった場合、他のドル建て債がデフォルトとされる可能性がある。2023年と2028年に期限を迎える債券については、2500万ドルを超える支払いが実施されなければ、クロスデフォルト条項が発動される。

  調査会社テリマーのシニアエコノミスト、パトリック・カレン氏は「現時点でディストレスト債の保有をしたくない、もしくは保持できない債券保有者はすでに清算しているはずだ」と指摘した。

  停電や食料不足が広がったスリランカでは、抗議活動が頻発。今月に入りラジャパクサ首相が辞任した。

  先週指名されたウィクラマシンハ新首相は15日、食料や肥料、機械類の備蓄および資金調達に向けアジア開発銀行(ADB)世界銀行の担当者と協議したと声明で発表した。

Ranil Wickremesinghe Named New Prime Minister In Sri Lanka
ウィクラマシンハ新首相(左)
Source: Sri Lankan President Media Division

原題:Sri Lanka Stumbles Toward Its First Default on Foreign DebtNew PM Holds Discussions With ADB, World Bank: Sri Lanka Latest(抜粋)

(最終段落を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE