コンテンツにスキップする

楽天G株反落、モバイル事業の損失拡大を懸念-ARPU改善期待支え

A Rakuten Mobile Inc. employee works inside the company's store in Tokyo, Japan.

A Rakuten Mobile Inc. employee works inside the company's store in Tokyo, Japan.

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

楽天グループの株価が反落。モバイル事業を中心に1-3月期(第1四半期)の営業損失が市場予想以上に拡大したことを受けた。一方、同社はモバイルでこれまでの無料料金プランを廃止する方針も示し、今後の1ユーザー当たり平均収益(ARPU)の改善期待が下支え要因となっている。

  16日の日本株市場で楽天G株は前週末比3.6%安の816円まで下落。ただ、一時は0.8%高とプラス圏に浮上する場面もあった。

  楽天Gが13日に発表した1-3月期の営業損失は1126億円と、市場予想の836億円や前年同期(373億円)よりも赤字額が大きかった。国内EC事業は堅調だった半面、モバイル事業の損失が1350億円と前年同期の976億円から拡大。楽天証券などフィンテック事業も減益だった。説明資料によると、モバイルの損失は昨年10-12月期からも164億円増え、2020年以降では最大の赤字。

過去1年の楽天G株の推移
 
 

  シティグループ証券の鶴尾充伸アナリストはリポートで、「厳しい業績推移自体はネガティブ」だと指摘。モバイルについて、他社との競争圧力が増しており、同四半期の通信ユーザーの純増数は限定的だったとみている。

  一方、1ギガバイト以下利用のゼロ円プランを撤廃したことに関しては、 加入者獲得には逆風だが、「ARPUを推定300円程押し上げる効果がある」と分析。損失縮小やバランスシートリスク減少に貢献するとの認識を示した。

  SMBC日興証券の金森都アナリストもリポートで、モバイル事業は「赤字拡大ペースがまだ強い」とした上で、「引き続き株価はモバイル事業動向で動こう」と予想。赤字の縮小ペースのほか、加入者ペースが鈍化してもARPU上昇で相殺できるかどうかに注目したいという。

  楽天モバイルは13日に新料金プランを発表し、月間1ギガバイトまで無料だったデータ使用料金の廃止や法人向けサービスの開始などを公表。楽天Gの三木谷浩史社長は同日午後の決算説明会で、モバイルは第1四半期が「赤字のボトム」だとし、今後は回復に向かうとの見通しを示した。

楽天G、モバイルで法人向けサービス開始へ-1Q事業赤字は拡大

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE