コンテンツにスキップする

4月の国内企業物価は前年比10%上昇、1980年以来の高水準-日銀

更新日時
  • 石油・石炭製品や鉄鋼中心に幅広い品目で値上がり、円安も影響
  • 円ベースの輸入物価指数は44.6%上昇と5カ月ぶりに伸び率拡大

企業間で取引するモノの価格を示す国内企業物価指数は4月に前年同月比10.0%上昇(市場予想9.4%上昇)と前月の9.7%上昇(改定)から伸び率が拡大し、1980年12月(10.4%)以来の高水準となった。前月比では1.2%上昇。日本銀行が16日発表した。

物価の上昇圧力続く
 
 

  引き続き国際商品市況の上昇を背景に、石油・石炭製品や鉄鋼、非鉄金属など幅広い品目で値上がりを示している。足元で進行している円安も影響した。輸入物価指数(円ベース)は前年同月比44.6%上昇となり、伸び率は5カ月ぶりに拡大した。

  国際商品市況の上昇を反映して消費者物価にも上昇圧力がかかっており、4月は生鮮食品を除いたベースで2%程度に上昇率を高めると市場で予想されている。それでも企業物価の上昇率とはかい離しており、企業のコスト負担は増大している。

  • 前月比で上昇した主な品目
    • 石油・石炭製品(ナフサ、C重油、石炭コークス)
    • 鉄鋼(鉄鋼切断品〈薄板〉、フェロマンガン、溶融亜鉛めっき鋼板)
    • 非鉄金属(銅地金、アルミニウム合金・同二次合金地金、電力・通信用メタルケーブル)
関連記事
(詳細を追加しチャートを差し替えて更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE