コンテンツにスキップする

ユーロ圏成長率見通し下方修正、インフレ率6.1%へ-欧州委予測草稿

  • GDP成長率予想は22年2.7%、23年2.3%-従来予想は4%と2.7%
  • インフレ率予想は今年6.1%、来年が2.7%-従来予想は3.5%と1.7%

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は、2022年のユーロ圏の成長率予想を下方修正する一方、インフレ率見通しをほぼ倍に引き上げる。春季経済予測の草稿から明らかになった。

GDP Watch

European Commission sees euro-area economy growing 2.7% in 2022

Source: Bloomberg, European Commission

  ブルームバーグが確認した草稿によれば、欧州委はロシアのウクライナ侵攻後、初となる今回の見通しで、域内総生産(GDP)成長率予想を22年2.7%、23年を2.3%とする。2月時点の予想はそれぞれ4%と2.7%。一方、インフレ率は今年が6.1%、来年が2.7%の予想。従来予想はそれぞれ3.5%と1.7%だった。 

  この数字は最終的なものではなく、16日の公表前に変更される可能性も残る。

Inflation Outlook

Draft European Commission forecasts see consumer prices rising an annual 6.1% in 2022, 2.7% in 2023

Source: Eurostat, European Commission

原題:EU Cuts Euro-Area GDP Forecast, Sees 6.1% Inflation, Draft Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE