コンテンツにスキップする

北朝鮮、発熱者が急増-金総書記「建国以来の大動乱」との認識

更新日時
  • 14日は約29.6万人の新規発熱者、前日は17万人余りだった
  • 15人が死亡し死者数は計42人-これまで報告された発熱者は約82万人

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は発熱する国民の急増について、「建国以来の大動乱」との認識を示した。国営メディアは14日の新規発熱者が前日を上回ったと報じた。

  国営朝鮮中央通信(KCNA)によると、14日の新規発熱者は約29万6000人で、15人が死亡。死者数はこれで計42人となった。前日の新規発熱者数は17万人余りだった。

  北朝鮮は今週に入り、国内での新型コロナウイルス感染が初めて確認されたとし、金総書記は主要都市のロックダウン(都市封鎖)を命じている。これまで報告された発熱者は約82万人。

SKOREA-NKOREA-HEALTH-VIRUS
テレビに映ったマスク着用姿の金正恩朝鮮労働党総書記(5月12日)
Photographer:Anthony WALLACE/AFP/Getty Images

  金総書記は党が14日開いた会議で、感染は一部地域に限定されているとし、感染の封じ込めに自信を持つよう伝え、特に中国から対応方法を学ぶよう促した。KCNAが伝えた。

北朝鮮、初のコロナ死者確認-発熱者が35万人、爆発的に拡大 

原題:North Korea Outbreak Worsens as Kim Warns of ‘Upheaval’ (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE