コンテンツにスキップする

UAEのハリファ大統領が死去、ムハンマド皇太子が後継へ

アラブ首長国連邦(UAE)のハリファ大統領が死去した。73歳だった。異母弟であるアブダビ首長国のムハンマド皇太子が後を継ぐとみられる。

  ハリファ氏は2004年、石油輸出国機構(OPEC)3位の産油量を誇るUAEの大統領に就任。世界金融危機の最悪期を乗り越え、急速な経済改革を率いた。UAEを構成する7首長国のうち最大かつ最も裕福なアブダビ首長国のトップも務めてきた。

  ハリファ氏の体調不良に伴い、ムハンマド皇太子は数年前から事実上の指導者となっており、今回の権力継承で石油を含む政策の方向性に大きな変化は出ないとみられる。

原題:

Ailing UAE Ruler Dies, Influential Prince Set to Succeed Him (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE